よくある質問Q&A

  • TOP
  • よくある質問Q&A

不動産売却に関するご質問にお答えします

長崎市で不動産売買を手がける「フジイ住研」には、常日頃より多くの方から不動産売却や相続物件・空き家についてさまざまな質問を寄せられています。こちらでは、そうしたお問い合わせのなかから、主なものをピックアップして回答例とともにご紹介します。長崎市、諫早市、大村市、時津町、長与町などの各エリアで、ご所有の不動産を売却しようと考えている方、フジイ住研へのご依頼を検討中の方はぜひ、こちらを参考になさってください。

不動産売却一般に関するご質問

Q.不動産売却を検討中ですが、何から手を付ければよいでしょうか?
A. まず信頼の置ける不動産会社にご相談されることをおすすめします。とくに地元の会社なら、近隣の不動産情報に精通しているため、条件に合致した購入希望者をきめ細かくリストアップしてくれるはずです。また、地元の不動産相場をよく把握しているので、いくらで売れるか的確に算定してくれるでしょう。
Q.不動産査定はどのように行われるのですか?
A.通常は不動産鑑定のプロが現地まで出向いて土地や建物を調査し、その資産価値を算定します。これが「現地査定」と呼ばれるもの。一方、お客様の事情などにより現地査定が難しい場合は、周辺地域の市場相場などを勘案しておおよその額を判断する「簡易査定」を実施するケースもあります。厳密さを求めるなら現地査定が理想的です。
Q.査定を依頼した場合は必ずその価格で売却しなければなりませんか?
A.査定額はあくまで目安であり、最終的には「いくらで売りたい」というお客様のご要望を優先していただいてかまいません。ただし、査定額は不動産鑑定のプロが算定したもので、たいへん信頼の置けるものです。もし、その額よりも大幅に高い値で売ろうとしても、実際に買い手が付くかどうかは疑問です。やはり、ある程度、査定額を念頭に置いて最終的な売値を決めるのがよいでしょう。
Q.不動産を売却する際に結ぶ媒介契約とはどんなものですか?
A.仲介売却を依頼する不動産会社と取り交わすのが「媒介契約」で、これには「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つに大別されます。大筋では共通していますが、同時に依頼できる業者の数や業者が果たさなければならない義務などに違いがあります。詳細は当社担当までおたずねください。
Q.売却のための広告や販売活動はどのように行われますか?
A.折り込みチラシやポスティングなどオーソドックスな広告手法に加え、自社サイトや不動産情報サイトでの掲載も実施します。また、レインズと呼ばれる不動産流通ネットワークを活用して効率的に購入希望者を探します。
Q.新居が完成していないうちに、自宅が売れてしまったら?
A.確かに早く売れることに越したことはありませんが、そうした状況に直面すると何かと困るものです。その場合は、ご面倒でも仮住まいをご用意いただくか、買主の方に引き渡しを待っていただくことになりますが、フジイ住研がしっかりサポートいたしますのでご安心ください。
Q.売却にかかる諸費用にはどんなものがありますか?
A.まず、売却が成立した際に不動産会社に支払う仲介手数料があります。そのほか、契約書に貼付する収入印紙代や抵当権抹消の際に司法書士に支払う代金もあります。また、その不動産が購入時より高値で売れた場合は売却益が生じたということで、その分について課税されることも。詳細は当社担当におたずねください。

相続・空き家物件の売却に関するご質問

Q.相続人同士で合意できました。次はどうすれば?
A.遺産分割について相続人同士で合意に達したら、後々、トラブルにならないよう合意した内容を書面で残す必要があります。 これが「遺産分割協議書」と呼ばれるものです。作成は行政書士や司法書士など法律の専門家に依頼するのがよいでしょう。ただし、相続人全員の合意が前提となります。たった1人でも意見を反映していない場合は、遺産分割協議書そのものが無効になってしまいます。この手続きを行っていない場合、売却することができませんので、ご注意ください。

相続について詳しくはこちら »

Q.亡くなった父名義の実家が数年前から空き家になっています。どう対処すれば?
A.将来、ご家族の誰かがそこに住むという予定があればお金をかけても適切に管理する必要があるでしょう。もしそうでない場合は賃貸して家賃収入を得ることも検討しましょう。また、取り壊して更地にするという選択肢もあります。いずれにせよ、お困りならフジイ住研にご相談ください。私たちが皆様にとって最善の提案をさせていただきます。
Q.空き家には6倍もの固定資産税がかかるって本当ですか?
A.本当です。管理実態のない空き家は「特定空家」に指定され、6倍もの固定資産税が課されることになります。

お知らせ
ブログ
COLUMN

一覧へ