ホームインスペクションについて

  • TOP
  • ホームインスペクションについて

よりスムーズな売却取引のための建物診断

従来の不動産売却では、引き渡し後に瑕疵(かし)や不具合が見つかるなどして、売主様と買主様の間でトラブルに発展することが少なからずありました。しかしこれは、業者による注意で避けられることです。そこで、長崎市を中心に諫早市、大村市、時津町、長与町などのエリアで不動産売買を手がける「フジイ住研」では、住宅の専門家による建物診断=ホームインスペクションを積極的に導入。不動産売却に伴う、売主様、買主様の不安を解消して、満足度の高いお取引を可能にしています。

ホームインスペクション(住宅診断士)とは?

ホームインスペクション(住宅診断士)とは?

自宅などを売却する際、建物の現状がどうか、耐震性や構造的強度などの住宅性能、各部の劣化状況などをホームインスペクター(住宅診断士)と呼ばれる専門家が診断してくれるサービスです。ホームインスペクターは不動産会社や工務店とは独立した存在のため、中立的な立場から公平かつ的確な評価を下してくれるので、売主様も買主様も安心して取引が行えるというわけです。

なお、日本ではまだ一般的でないホームインスペクションですが、米国ではおよそ取引全体の70~90%で活用されています。もちろん売却だけでなく、購入時に利用するケースや、自宅の診断を個人で依頼するケースも多く見られます。

ホームインスペクションの必要性

ホームインスペクションの必要性

建物の診断となると、大がかりで費用も相応にかかるとつい考えがちですがその心配はいりません。なぜなら、ホームインスペクションとはいわゆる健康診断のようなもので、ホームインスペクターと呼ばれる専門の診断士が、目視で建物の状況をチェックしていく簡易な作業に終始しています。とはいえ、建物の耐久性に関わる外壁や基礎の不具合、雨漏りの箇所などは目視でも十分に把握できるのでご安心ください。

万が一、より深刻な“所見”がある場合は、依頼された方の希望により精密診断を行うことになります。従来の不動産売却では、引き渡し後に瑕疵や不具合が見つかるなどして、売主様と買主様の間でトラブルの元になっていました。このホームインスペクションを実施することでこうしたリスクは限りなくゼロに近づけることができます。

ホームインスペクションのメリット

ホームインスペクションのメリット

ご自宅やご所有の土地・建物を売却しようという際に、住宅のコンディションが客観的に評価・検証されていれば、購入希望者にとって大きな安心材料となり、結果として取引がスムーズに進みます。もちろん、大切な情報は事前に共有できるので、売却後に不具合が見つかり、それでトラブルになるといったこともありません。仮に、不具合が見つかったとしても、売主様が故意にその事実を隠していたと誤解されずに済むといったメリットもあります。

フジイ住研では、迅速でトラブルのない取引のために、このホームインスペクションを多くの売主様におすすめしています。

お知らせ
ブログ
COLUMN

一覧へ