高く売る・不動産会社選びのコツ

  • TOP
  • 高く売る・不動産会社選びのコツ

不動産売却で失敗しないために

一般の方にとって不動産売却の必要に迫られることは生涯でそう何度もないでしょう。では、もしご自宅やご所有の土地などを手放す必要が生じたら、どうしたらよいでしょう。こちらでは、不動産売却のカギを握る業者=不動産会社選びのポイントや、不動産をより高く売るためのコツについてお伝えします。ご不明な点などございましたら、長崎市を中心に諫早市、大村市、時津町、長与町などのエリアで不動産売買を手がける「フジイ住研」におたずねください。

ご所有の不動産を売却したいとお考えの方へ

ご自宅やご所有の不動産を売却する際、もっとも重要になるのはどの不動産会社に依頼するかということ。この点を間違えると売却金額、売却期間などに大きな差が生じてしまうからです。できるだけ高く、しかもスムーズに、トラブルなく売却したいとお考えなら、こちらをぜひご一読ください。

[ポイント1]高額査定を疑ってみる

[ポイント1]高額査定を疑ってみる

たとえばご自宅を売却しようというとき、複数の不動産会社に物件の査定を依頼し、各社が提案してきた査定額や条件を勘案して最終的な依頼先を決めるのがふつうです。しかし、なかにはとにかく仕事を取りたい一心で市場価格とかけ離れた高額な査定をしてくる業者もあるので注意が必要です。お客様の立場にしてみれば、できるだけ高額で売れるならそれに越したことはないと、つい高値で査定してきた不動産会社と契約したくなるのもわかりますが、しょせん相場を無視した値付けでは売れるものも売れません。誠実な業者なら市場での価値を正しく算定し、妥当な査定額を提示してくるということを念頭に置いておきましょう。また、高額査定で提示をしてくれても、その後何もせずに金額をどんどん下げられてしまい、売却ができないというケースもありますので、やはり、査定・媒介契約だけでなく、販売活動まで自社一貫体制を敷いている不動産会社を選んだ方が得策と言えるでしょう。

[ポイント2]複数会社への※媒介依頼にご注意

[ポイント2]複数会社への※媒介依頼にご注意

不動産を売却しようとする際、複数の不動産会社に媒介を依頼することができます。だからといって、多くの業者に売却を依頼したほうが、早くしかも確実に売れるとは限りません。なぜかと言えば、同じ不動産について異なる業者が一斉に広告を出すと、それを見た購入希望者は「何社にも依頼するということはそれだけ売れない物件なんだな」「いわゆる、“たらいまわし物件”なんだろう」とマイナスイメージでとらえかねません。そうなると、かえって売れにくくなるのは必至です。やはり、信頼できる業者1社に絞って媒介契約を交わすのがベストだと言えます。

※「媒介依頼とは?」詳しくはこちら »

[ポイント3]販売実績のない会社にご注意

[ポイント3]販売実績のない会社にご注意

色よい査定額を提示してきた業者が必ずしも確実に売却してくれるとは限りません。大事なのはやはり、その不動産会社に相応の売買実績があるかどうかです。この点に不安があるような業者に売却を依頼したところで、結局は徒労に終わることもあるので注意が必要でしょう。その点、売却のプロである代表者自身が査定から販売活動までを一貫して行うフジイ住研なら安心。また、長崎市、諫早市、大村市、時津町、長与町など長崎県内でも人気のエリアについて多数の物件情報を公開している当社では、常時100人程度の購入希望者を把握しています。市場相場を踏まえた最高額の査定と、売却のプロによる確かな仕事、地域に密着した不動産の情報ストックなど、数々のアドバンテージがあるフジイ住研なら、お客様の大切な資産である土地・建物を確実にしかもスムーズに売却できます。

不動産売却で成功するための3箇条

どの業者を選ぶかということに加え、不動産を売却する際にぜひ念頭に置いておきたいことがあります。それがここでご紹介する「成功のための3箇条」です。

[その1]売却に適したシーズンがある

[その1]売却に適したシーズンがある

不動産を売却するなら高値が付きやすい2月、3月を選びましょう。引っ越しシーズンを控えて不動産売買が活発になるからです。ただし、転勤などで新居を必要とする方の多くは、遅くとも12月頃には転居先について検討を始めているので、実際の売却開始は11~12月頃がベストタイミングです。

[その2]リフォームで物件に好印象を

[その2]リフォームで物件に好印象を

物件が売れるか売れないかは、価格だけで決まるものではありません。見た目や第一印象も重要な要素です。たとえば、内覧に訪れた購入希望者の身になって考えてみましょう。壁紙やカーペットの汚れ、壁や床の破損などにマイナスポイントがあったらそれだけで候補から外されてしまうかもしれません。少なくとも、こうした目に付きやすいところだけでもリフォームすれば、相手の好印象を引き出すことができ、スムーズな売却につながります。もちろん、現状渡しではなく、費用をかけてリフォームした上で売却するのでその分のコストを見込んで金額を決定する必要があります。

[その3]買主は大切なお客様

[その3]買主は大切なお客様

ご所有の不動産を購入してくれる方、つまり買主は売却する方にとってお客様にほかなりません。どの商売もそうですが、「買っていただく」という基本精神を忘れずに対応することが重要。しかも、不動産という高額な商品を購入してくれる貴重なお客様。まさに、売主にとってはよきパートナーとも言える存在です。

不動産会社選びのコツ

不動産売却の成否は業者選びでほぼ決まります。では、どんなことに注意して不動産会社を選ぶべきなのでしょう。

お客様の要望を優先してくれる会社を選ぶ!

お客様の要望を優先してくれる会社を選ぶ!

自社の都合を押し付けようとする業者は問題外。あくまでも顧客最優先で親身に対応してくれる会社を選びましょう。そんな不動産会社なら「いつまでに、いくらで売りたい」といった希望をしっかり受け止め、目的達成のためにあらゆる手段を講じてくれるでしょう。フジイ住研ではお客様の“わがまま”をお待ちしております。

販売活動が活発な会社を選ぶ

販売活動が活発な会社を選ぶ

売却で実績のある不動産会社は、おしなべて販売活動に精力的です。もちろん、広告ひとつ取っても、折り込みチラシだけでなくポスティング、ネット広告などあらゆる媒体を駆使して購入希望者を募ります。もちろん、内覧誘導にも積極的。こうした、パワフルな不動産会社なら早期の売却が可能です。

実績のある不動産会社を選ぶ

実績のある不動産会社を選ぶ

ただ売れればいいという考えで業者を選ぶのは賢いやり方とは言えません。より高く、よりスピーディーに、しかもトラブルなく売ってこそ、優れた不動産会社。経験と実績のある業者ほど、お客様にご満足いただける取引を心がけているものです。

お知らせ
ブログ
COLUMN

一覧へ