フィルハーモニックオーケストラ長崎第19…

フィルハーモニックオーケストラ長崎第19回定期演奏会

フィルハーモニックオーケストラ長崎第19回定期演奏会

先日も書いた通り、フィルハーモニックオーケストラ長崎第19回定期演奏会で、奥さんのさーやさんがバッハの管弦楽組曲第2番でフルートのソリストとして出演しました!!演奏自体は私が言うのもなんですが素晴らしいの一言でした!そしてこの曲でフルートとチェロのデュエットがあるのですが、そのチェリストが今回ゲストとして参加していた岸本君!!岸本君は九州を中心に活躍しているプロのチェリストなんですが、実は私たち夫婦の大学時代の後輩で彼が長崎に演奏に来るたびに一緒にお酒を飲む間柄です。鹿児島で一緒に遊んでいた後輩二人がこんな大きな舞台で二人でデュエットを演奏するのを不思議な感覚で、そして誇らしく思いながら見ていました。昔一緒にやってるだけあって意思疎通もばっちり!見事なデュエットでした!

そして藤井家最大の見せ場は、演奏が終わってさーやさんが観客にお辞儀した後にサプライズでうちの子供たちが客席から花束を渡すところでした!!お客さんも温かい目で見ていただきまして本当に感謝ですm(__)m

さーやさんのフルート人生最大のイベントは終了しましたが、これからもフルート頑張るそうで(^^;フルート大好きなのでこれからも楽しんでもらいたいなと思います。